旅 別府温泉

高校の卒業旅行で部活の仲間13人で九州の別府温泉の旅行へ行きました。

本当は長崎のハウステンボスへ行く予定だったのですが、阪神大震災があった年で、船の運行状況から大分の別府温泉へ行き先が変わり、行き帰り船中2泊、ホテル1泊の旅行へ行ってきました。

大阪南港から出発して、行きの船の中から友達をワイワイ騒ぎながら楽しい旅になりそうやなとワクワクしながら行ったのを思い出します。

最初にタクシーに乗って湯布院の観光スポットへ行きました。

別府は温泉の街で湯けむりがあがってたり、硫黄の匂いがしたりと、自然も豊かでのんびりとした所でした。

山道を走っている時も、窓から見える景色は自然いっぱいで、自分の住んでいるところとは全然風景の違う場所なのでのんびりしていいなぁ~と旅行を楽しみました。

温泉の観光スポットの後は、サンリオランドで少し遊んで、夜は旅館で温泉につかり、美味しいものを食べて、楽しい時間を過ごしました。

かぼすの産地やったみたいで、晩御飯の時にでたかぼすの酸味が美味しくて、お土産にかぼすのゴーフレットを買って帰りました。

楽しい旅行もあっという間で、別府を後にしながら帰りの船の中でも友達との楽しい時間を過ごしながら、良い思い出となる卒業旅行となりました。